フライもあるよ|鯛ラバなどのジギングを楽しむための基礎知識を知っておこう

フライもあるよ

船に固定している釣り竿

釣りには、ルアーフィッシングやフライフィッシグなどの様々な種類があります。
まず、ルアーフィッシングとは、魚の形をしたルアーを水中に投げえ入れ、魚を眩惑して本物の小魚のように見せかけ、食い付かせて釣りをするという方法です。
ルアーフィッシングのメリットは、手軽に楽しむことができることです。餌がいりませんし、竿とリール、ルアーさえあれば挑戦できるので、面倒な手順もありません。特に餌となる虫などが苦手な方にはおすすめです。
ルアーフィッシングのデメリットは、成果が少ないことです。普通の餌よりも魚が食いつく可能性が低いです。

では、フライフィッシングとはどういうものなのでしょうか。フライフィッシングは、カゲロウなどの水棲生物を捕食する魚を対象に、虫に見せかけたフライという毛針を使って魚を釣り上げる方法です。
フライには鳥の羽や鹿の毛が使われています。フライフィッシングは小物を釣る方法だと思っている方が多くいるようですが、条件次第ではカジキなどの大物を釣り上げることもできます。
フライの種類が多く、様々な魚を対象にできるということがフライフィッシングのメリットですが、逆に言えばたくさんの選択肢があり、どのフライを使うかの選択が大変だと言うこともあります。そこに住んでいる魚がどんな餌を食べるのかを観察し、用途に合ったフライを選ぶ必要があります。また、フライはとても軽いので、遠くに飛ばすだけで一苦労です。すこし難易度が高い方法と言えます。

Copyright © 2017 鯛ラバなどのジギングを楽しむための基礎知識を知っておこう .